SITE MENU

Pickup Site


コメ兵
ダイヤモンド以外も買取OK

大黒屋
買取強化キャンペーン中

ウィキペディアの執筆者. “宝石”. ウィキペディア日本語版.2011-08-11.(参照 2011-08-19).
宝石(ほうせき)とは、鉱物の中で石にあたり希少性が高く美しい外観を有するもの、または一般的にアクセサリーなどに使用される鉱物を言う。

査定の重要項目

ダイヤモンド買取を依頼する際には、ダイヤモンドの状態が重要視されます。
4Cと言われる評価基準によって、基本的なダイヤモンド買取価格が決められます。
Caratカラット、Colorカラー、Clarityクラリティー、Cutカット、この4つの頭文字をとって4Cと言われます。
重さ、色、透明度、研磨状態の4つの要素から、その価値が決まることになります。
芸能人の結婚記者会見では○カラットの指輪などと紹介されるので、カラットが最重要と思われがちですが、4つの評価基準を総合して価値が決まるのです。

カラットでは、より重量があると価値があがります。
カラーは、透明ダイアならより透明なもの。
クラリティーは、傷や内包物がないもの。
カットは、形のバランスと研磨の仕上がりが綺麗なほど、良いダイヤとされます。

これらから価値を決めるのは、専門の鑑定士です。
査定の経験が豊富な鑑定士によって評価されます。

ダイヤモンド買取では、中古品を買い取ることになるので、保存状態も価格に反映されます。
鑑定書、勘定書が一緒に保管されていると高値で取引できますが、これが無いと格段に値打ちが下がってしまいます。
ブランド品の場合は、さらにギャランティーカードがあると価値が上がります。箱と保存袋も揃っている状態がベストです。

ダイアの状態も重要です。皮脂やほこりが付いて汚れていたり、日光に長時間あてたなどで見た目がくすんでいると価値が下がります。
ジュエリーのデザインも、ダイヤモンド買取価格にプラスされますが、流行が過ぎ去ったものだと、価格は下がります。






What's New

2013/02/06
新着記事3を更新。
2012/11/10
新着記事2を更新。
2012/04/10
新着記事を更新。
2011/09/22
結婚指輪を更新。
2011/09/22
お手入れ方法を更新。
2011/09/22
新着記事を更新。
2011/09/22
ダイヤの取扱いを更新。
2011/09/22
4Cを更新。
2011/09/22
ダイヤモンド買取siteを更新。
2011/09/22
ホームページリニューアル
新着記事 | ダイヤモンド買取site 2011年12月06日