喪服の家族

icon 葬儀の諸手続き

人の死はタイミングを予測することが困難ですが、死亡後に執り行うことは葬儀・火葬・霊園など多岐に渡ります。
突然の死に心を痛める中、対応におわれ満足のいく見送りができなかったといわれる経験者は少なくありません。
そこで新たに「終活」という言葉が聞かれるようになりました。
「終活」とは自分の死の前に、家族に迷惑をかけないために自身のために火葬場所や墓石などの葬儀関係や霊園の準備を行う活動です。
この「終活」を円滑に行うためには葬儀や霊園の理解が不可欠です。
葬儀は、湯灌から始まり納棺をし、通夜の後、葬儀・告別式を執り行い、出棺・火葬、そして収骨という流れです。
このそれぞれのステップで準備と費用が必要とされますが、業者にパッケージとして相談することのほか、自分の望む葬儀のイメージに合わせて、通夜や告別式をしないで火葬のみ行うパターンや、身内のみでおこなうパターンを選択することができます。
費用も、ステップを短縮化するので押さえることができます。
霊園は、宗旨や宗派によって受け入れに差が出てきます。
今家族が属している宗派が何か、これから先承継人を含めてどのようにしていきたいかを先に検討する必要があります。
中には、宗旨・宗派不問で受け入れに応じてくれる霊園もあるので、専門業者に相談するべきといえます。
立地アクセスや費用のほか、管理についても霊園によって提供するサービスが異なります。
霊園は長い付き合いとなるので、管理体制を整えた場所を選ぶべきです。

霊園は墓石の管理もしてくれます。
契約によっては永代管理もおこなってくれます。
お盆等の季節には霊園からは定期的に案内を送ってくれたりします。

遺骨を持つ女性

icon 自分らしい「お墓」

「終活」という言葉を、ここ数年でよく耳にするようになりました。
葬儀・火葬・霊園に関心を寄せる人も多く、いまでは当たり前のように霊園や葬儀のCMを見かけるようになり、火葬場も満員で…なんてよくある話です。
自分の死後はいったいどのお墓にはいるのか…考えたことはありますか?漠然と先祖代々のお墓だろう、と考えている人も多いと思います。
葬儀や火葬、霊園といったことは年長者が考えれば良い、と思っていてもいつかは自分が年長者となり考えなければいけませんし、残念ながら葬儀も火葬も霊園探しもお金がかかることなのです。
若いうちからでも早くはないのです。
一般的に、男性なら長男の方が先祖代々のお墓を継承されます。
次男、三男といった長男ではない方々は独立し、自分たちのお墓を新たに作ることになります。
女性は結婚したお家のお墓に入ることになります。
あくまでも昔からある一般論ではこのようになります。
しかし、晩婚化も進み、未婚のまま過ごす人や、離婚した人、結婚しても子どもが生まれなかった人…実に色々な事情が取り巻く環境で、果たして今までのお墓の一般論がどこまで通用するのでしょうか。
10年ほど前から見られるようになったのが、「両家墓」や「永代供養墓」といった存在です。
いまや様々なニーズでお墓を自分のスタイルで選ぶ時代が来ていると思います。
昔ながらのしきたりを大事にする地域や、菩提寺を囲む檀家が多い地域ではまだまだ難しいですが、都市部ではすでに進んだ霊園をみなさん求め、探しています。
お墓はなくなった故人のことを思い、先祖に感謝をする場所です。
若いからではなくもっと真剣に自分らしい「お墓」を考えましょう。

オススメリンク
近頃直葬という形の葬儀が増えています。身内で葬儀を済ませたい場合は直葬で見送りましょう。
トップクラスの低価格料金!葬儀を西宮市でお考えならこちらにお任せください。あたたかいお葬式をプロデュースしますよ。
火葬式や直葬で簡単にお見送りをすることが出来る葬儀場を探しているなら専門業者へ問い合わせましょう。
トータルサービスで安心の葬儀サービスが揃っています。横浜で葬儀の依頼をするなら充実のプランとオプションがあるこちらの専門会社に相談しよう。
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031